体験談,  就職 進学

社会人二年目の苦悩

お久しぶりです。今更ですが無事社会人二年目を迎え社会の荒波にもまれている匿名です。

正直社会人三年目はやばいとかよく聞きますが、普通に二年目でやばいと思います。

そんなわけで、社会人二年目現時点での体験談と課題を書いていきますんで参考程度に見ていただければ。

仕事の責任が思ってた以上に来る。

仕事の責任と聞くと、なんだ今更かよ、そんなの当たり前じゃん、という言葉が聞こえてきそうですが(かくいう私も)きちんとエンドユーザがいるような仕事だと納期もそうですが、説明や報告といったところまで気が抜けず、現場によりけりだと信じたいですが新人が出来るわけないだろ!的な作業も割り振られた状態で進めていきます。
私の場合ほかの方への仕事依頼もしていたのでそこで遅延があればそれも私の責任となります。

まあ二年目でも場合によっては二年目以上の作業があってそれ相応の責任を取らされると思っていただければ。

書きっぷりってなんだよ

資料作成やチャットの指摘で使われる言葉。
検索してみてもほとんど情報ないです,あっても
「言葉や文章から感じられる雰囲気や様子のこと」
とか書かれてます。
多分ですが正しくは体裁や書式なんでしょうけど、やめて欲しい日本語です。

認識違い

正直一番苦しめられました、この資料古いからこれ参考に最新化しておいてという指示で
渡された資料を基に最新化すると依頼者と認識が違うこと多々あり、結局参考資料破り捨てて新しく作るほうが早かったという話 

原因としては後述するコミュニケーション不足での仕様漏れかなと、チャットだけの指示から指示者の意図読むのはきついっす。

コミュニケーション

最近の新しい働き方で在宅が増えたのもあり、チャットでのコミュニケーションやビデオ会議でのコミュニケーションが多くなりました。

お陰様で重要な仕事の指示もチャットだけ、確認仕様にもオンラインだからかスケジュールが密になり確認が取れないので時間の無駄だから作業進めて仕様漏れという流れ。

解決策としては相手のスケジュールとか知ったこっちゃない精神で無理矢理確認の時間を捩じ込む事、新人は自分からは動きづらいけど動かないといけな状態のハードルが一気に上がりました。

応用力

これはしょうがないことでもありますが、現場に出て知らない技術が出ると一気に応用力のなさが出てきます。
自分も何度か初心者的な質問をしたり先輩を頼りながら開発しました。

こればかりは勉強しながら経験詰むしかないかなと。

問題解決能力

実際課題が出た場合にそれを一人で解決する、もしくは解決するためにはどうするかというところの能力は実際ビジネスでやってみると思った以上に難しいです。

終わりに

こんなグダグダな二年目ですが、結局のところこの二年目をどう過ごしていけばいいかといわれると、二年目だからとあるがままを受け入れ開き直ることをおすすめします。

そのうち解決編出したいけど現時点で解決してないと言う。

東京在住のIT系社員。 最近結婚やら就職やらで色々あったので亀投稿ですが少しづつ活動を再開します。(展望)