就職で鹿児島から東京へ引っ越した

就職で鹿児島から東京へ引っ越した

どうも匿務wikiです。ようやく引っ越しが一段落したので(思ったより大変だった)久しぶりの投稿になります。

今回は就職で鹿児島から東京へ引っ越したので、その際にかかった費用等を語っていきたいと思います。

家探し

まず家探しを12月に行いました。その際に使ったのはみなさんご存じのスーモさんとホームズさんですね。大体職場近くの駅まで電車で一時間範囲の家賃六万程度の物件を探すといいかもです。(会社が家賃をある程度負担するなら話は別かな?)注意事項として築年数とガスはきちんと見たほうがいいです。(耐震性と都市ガスかを知るため。)

ネットを使ってある程度家の目星がつきましたら。実際に不動産に問い合わせてみます。その際就職先が提携している不動産屋が有るか確認してみるといいです。少しは安くなります。

駅からの近さ

大体駅から十分圏内で探すといいです。(自分は田舎出身で体力に自信あるから余裕ww)とか言えるのは最初のうちだと思いますので、必ず十分以内で探すことをお勧めします。

職場までの距離

大体職場までは電車で乗り換えなしで一時間以内がお勧めです。正直慣れてない田舎民からすれば地獄です。

家賃の目安

上限は管理費込みで7万までにするといいですが、現実的なことを考えると、6万で探すと後々楽になります。そのためなるべく23区以外で探すと良いです。(ちなみに私は東村山市で駅から十分の2DKの家賃6万の物件を探しました。

内見

不動産とアポイントが取れたら実際に内見してみましょう。内見する際に気を付けるところは、基本的に部屋の綺麗さと、窓の位置くらいです。特に窓の位置は他人に自分の生活がみられるかもしれないので重視したほうがいいです。

契約

上述したことを踏まえて納得ができたら契約するといいです。

ただ物件によっては初期費用がものすごくかかり、私の場合は総額で21万ほどかかりました。ので貯金をしっかりするか、クレジットで分割するか、職場から借りるか等の対策をしたほうがいいです。(家賃補助ほちぃ)

引っ越し前に

いよいよ引っ越しという前にしっかり電気、ガス、水道、ネットの手続きをしましょう。また不動産、もしくは管理会社に対応しているガス会社さんを事前に聞いておくといいです。(私は最初東京電力でまとめてガスの申請をしましたが引っ越した直後に非対応だと通達されて焦りました。)

後住民票を移さなければならないので必ず役所に行き転居届けを発行しましょう。

引っ越し

いよいよ引っ越しですが、引っ越しをする際に大事なのは業者の選択と持っていくものだと思います。もしあなたが大きな荷物(冷蔵庫や洗濯機)を持っていくというのなら十五万はかかると思っていてください。(単身者パックなら五万くらい?)

もしあなたが大きな荷物は現地でというのなら宅配での移送をお勧めします。私の場合集荷で段ボール15個頼んで3万で済みました。

また自転車をもっていくという場合は正直お勧めしません。よほど高くていい奴なら持っていく意味はあると思いますが、そうでなければリサイクルで売ることをお勧めします。理由として輸送に三万円ほどかかるからです。

引っ越し後

引っ越し後に関しては3つだけ注意点があります。それは玄関にポストがついている場合はガムテープがつけてあるので、それを必ず外すことです。(私の場合家賃支払いの紙が出戻りになり手間がかかりました。)

2つ目はしっかりと役所に届けを出すことです。でないと今回のような有事の際に支援を受けられなかったりします。

3つ目はごみ袋の確認です。市区町村によってはごみ処理場が古いのでごみ袋が独自のものだったりします。なのできちんと対応したごみ袋を買いましょう。

カレンダーにつきましては住民票を獲得した時点で渡されたり、市のホームページにあったり、アプリがあったりと様々です。

最後に

今回はコロナだったり就職だったりで間が開いてしまいすいません。

それとしばらく放置していましたが、中華PCまさか閲覧300達成していたのは正直驚きました。中華って偉大なんやなぁ

次回は在宅時の筋トレについて書こうと思います。

拝読有難うございます。

就職 進学カテゴリの最新記事